2017/6/21 アイスコーヒーブレンド発売

今年は猛暑の予報が出ていますが本日よりアイスコーヒーブレンドを発売致します。

豊かな香りとすっきりした苦みとコク、甘みがあります。

是非、お試し下さい。

大変人気がありました「アニバーサリーブレント」と「マンデリン ピーベリー アルール・バダ」は在庫がなくなりましたので終売させて頂きます。多くの皆様にご利用頂きまして誠にありがとうございました。

2017/6/1 6月のフェア”ブラジル セーハ・ダス・トレス・バハス農園”です。

農園名 : セーハ ダス トレス バハス

農園主 : ジョゼ ワグネル ヒベイロ ジュンケイラ氏

エリア : カルモデ・ミナス

プロセス: パルプド・ナチュラル

品種  : イエローブルボン

標高  : 1,100~1,450m

この農園はMinas Gerais州南部Mantiqueira山脈の高原地帯のCarmo de Minasに位置します。1000m~1450mの標高に加え、高品質コーヒー栽培のための適度な気候、降水量に恵まれています。この農園の歴史は、18世紀にPereira家の先祖がポルトガルからこの地に移民したことから始まります。最初にコーヒーが栽培されたのは1866年で、1904年に現在のオーナーの祖父Gabriel Junqueiraがこの農園の管理を始

めました。品質に関する発展は1914年にこの地で最初のコーヒー精選機の操作が行なわれたことから始まりました。肥沃な土壌、適度な標高、光合成に必要な十分な太陽光線の量、適度な降水量はスペシャルティコーヒーの生産には理想的な環境です。品種の選別、栽培方法、さらに、収穫、生産処理の研究に専念するにまで及んでいます。2002年には、新型グリーンセパレーターやサスペンデッドパティオの新設をして、明るくて風味豊かなカップを持つコーヒーを求めるために、たゆまぬ努力を続けています。この農園はBSCA、Gerais州、Illy Café等のコンペテションにも幾度も入賞しています。

是非、ご賞味ください。

2017/05/18 新発売のお知らせ

ブラジルのニュークロップが入荷しました。

販売していましたブラジル プログレッソ農園は終売になります。

代わりまして久しぶりにブラジル カルモデミナス地区のセーハ・ダス・トレス・バハス農園が入荷しましたので本日、5月18日より発売致します。中煎りと中深煎りの2種類です。

グアテマラ サンラファエル ウリアスは終売になります。

代わりましてグアテマラ サンタアナ農園(フライ・ハーネス地区) 深煎りで販売致します。

2017/05/12 グアテマラ エル・イン フェルト農園イエローナンセ中深煎り新発売

エル・インフェルト農園イエローナンセを中深煎り(フルシティロースト)にて発売致します。アギーレさんが丹精込めて創り上げたコーヒーです。

味覚はビターチョコ、フローラル、豊かなコクと香り、果物のような甘みの味わい

ホットコーヒーやアイスコーヒーで召し上がって下さい。

2017/4/20 コスタリカ ラス ラハス農園 ブラックハニー新発売

ラス ラハス農園は、80年前に創設され、現在で3代目になります。自宅は農園内にあり、朝起きてから寝るまでコーヒーと共に生活しているので、コーヒーは家族の様に大事に育てられています。

地理的特徴としては、農園とマイクロミルはセントラルバレー地域のバルバ火山とポアス火山の谷間に位置し、下記2つの恩恵を得ることで、甘味の詰まったチェリーが育つ恵まれた環境にあります。

① 非常に風の強いエリアで、二火山の谷間をアリスオスという北風が吹き、農園に冷気と水分をもたらす。

② この冷気が寒暖差を生み、水分が木々を青々と育て、土壌を生き生きとさせる

【ブラックハニーの生産方法】

乾燥日数:15~18日(日射量に応じて変化)

①早朝果肉除去

②ミューシレージを包み込むシートを張ったアフリカンベッドや特性パティオに広げ天日乾燥。

③12時間そのままにし、ミューシレージの糖分をパーチメント表面に結着させる。高濃度の糖分が黒く変色する。

④15~18日掛け糖分を内部に浸透させながら、ゆっくり乾燥させる。1日に4~5回撹拌することで、全体にムラなく乾燥を仕上げ、クリーンな味わいを作る。乾燥ムラがあると味が濁る。

◆天候気候:雲の多い天候(日射量が少ない)が続いたり、グリーンハウス内での日射量や風量を調整し、ゆっくり時間を掛けて乾燥できた場合、ブラックハニーになる

◆味わい・・・熟した果物の香り、いちじく、赤ワイン、フローラル、チョコレート、柔らかな味わいと甘味

2017/4/15 アニバーサリーブレンド 発売

ご好評頂きました”さくらブレンド”は終了しました。ご利用誠にありがとうございました。

変わりまして季節のコーヒーは”アニバーサリーブレンド”を発売致します。

弊店もお陰様で4月23日で開店以来12周年になります。ひとえにお客様のご愛顧の賜物と存じます。今後とも何卒、ご愛顧を頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

さて、12周年記念”アニバーサリーブレンド”創作にあたりましてどのコーヒー豆を使おうかやどのローストポイントにしようか等考えまして創作しました。柑橘系、ダークチョコの風味、豊かな香りとコク、フルーツのような香り、ちょっぴり苦みと甘みの余韻が想像通り出来上がりました。本日より発売致しますので是非、ご利用お待ちしてしています。

2017/4/12 インドネシア スマトラ アチェ ブルボン種(浅煎り)ニュークロップ

昨年11月にスマトラ アチェを訪問しました際、ブルボン種にこだわって栽培していますアルさんに出会い、その時のカッピングに素晴らしい感動を覚えました。その味が更に熟成したコーヒー豆が到着しました。早速、カッピングをしたところ感動の一語です。

生産者 : アンカタ アル氏

エリア : スマトラ島 アチェ州 タケンゴン ポンドック バルーン地区

プロセス: ウォッシュド

乾 燥 : 天日乾燥

品 種 : ブルボン種

標 高 : 1,300m

アチェ州 タケンゴン ポンドック・バルーン地区の一角にひっそりとブルボン種のマンデリンを栽培する、 アル氏の農園は1haほど、周辺にもブルボンを植えている農園があるがそれでも生産量はごくごく僅か。通常は一般的なマンデリンと混ぜられて流通してしまうが特別にブルボン種だけを買い付けてお届けすることについに成功しました。

1980年代オランダ人がブルボン種を持ち込み、その品質に感銘を受け当エリアでの生産を守り続けている数少ない生産者。平均樹齢は25年、木が枯れるまで植え替えは行わない。アチェでは醗酵工程(約1日間)があるが完全にミューシレージを取る工程ではない。

「カッピングコメント」 ; フローラル、ピーチ、オレンジ、アプリコット、ベルガモット、メロンなどの風味や甘みが口いっぱいに広がります

是非、ご賞味下さい