2020/07/11 カップオブエクセレンス受賞 3種類発売致します

カップオブエクセレンス受賞豆 3種類発売致します。

COE ブラジル ファゼンダ バレイ

・風味はフローラル、さとうきび、赤りんごの風味、ミルクチョコのようにクリーミーな甘さと質感、滑らかでクリーンな飲み心地

COE ペルー パルセラ・セフロカフェ農園

・チェリー、ダージリンティ、ライチ、パイナップルの風味、シルキーで繊細な口当たりと甘さ

COE ブルンジ キレマ農協

・アプリコット、マンゴー、ブラックカラント、アセロラなどジューシーで明るい酸の質、フルーティーな甘さ

以上の3種類ですですがそれぞれ素晴らしい香りと質感がございます。

PDFご注文の用紙に価格など記載しております

お得な3種類セットもございます。

 

2020/07/01 7月のフェアは”コスタリカ ドンパブロ ベジャビスタ農園”ミディアムローストです

7月のフェアはコスタリカ ドンパブロ ベジャビスタ農園です。

当店では長年に渡りお客様から素晴らしいご評価を頂いていますコーヒーです。

品 種:  カツーラ100%

栽培地: コスタリカ タラス地域 ジャノボニート デ レオンコルテス地区 ベジャビスタ農園(8ha)

標 高: 1,750~1,860m

生産者: パブロ・ボニージャ氏 (ボニージャ一族)

収穫時期: 2月

生産処理: 水洗処理方式(FW、ドンマヨ・マイクロミルで生産処理)、天日乾燥

パブロ・ボニージャ氏は、父親ヘクター氏と共にマイクロミルコーヒー生産に従事するボニージャ一族の第3世代で、研究熱心かつ先進的な若手生産者です。標高の高いタラスの山岳地帯の中でも、ベジャビスタ農園は1,750mを超える非常に高いところに位置し、2月に完熟した赤いチェリーを丁寧に収穫、ドンマヨ・マイクロミルに搬入、水洗処理工程を経て、天日乾燥され、作られています。急峻な地形が印象的な農園です。

カップオブエクセレンス品評会で毎年のように受賞される農園で、ボニージャ一族のコーヒーに対する熱意が伝わってきます。

是非ご利用お待ちしています

2020/06/12 ”エチオピア産 カフェインレス(デカフェ)コーヒー”ミディアムローストで新発売 

日頃はさかい珈琲をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
関東地方も梅雨に入りましたが、梅雨を吹き飛ばすようなカフェインレスコーヒーを発売いたします。エチオピアでは少数の単一農園で生産されたコーヒーです。
・農園名:TADE GG農園
・エリア:シダモ地方、グジ地区、シャキッソ村
・農園主:Tesfaye Degaga氏
・標高:1,800m~2,200m
・栽培品種:エチオピア原種
・年間降雨量:約1,000mm
・カフェインレス(デカフェ)

エチオピア産コーヒーをメキシコのDESCAMEX社にてデカフェコーヒー加工。同社は水抽出法の一種である“Mountain Water Process”の製造工程における特許を保有。薬品を使わない、安心して飲めるデカフェです。
「水抽出法」とは
①コーヒー生豆から可溶性成分を抽出し飽和させた水(カフェインを含む)を作成
②フィルターで可溶性飽和水からカフェインだけを除去(特許)
③カフェインのみが取り除かれたコーヒーの可溶性成分の飽和水
④ ③の中にデカフェ加工したい豆を浸漬するとカフェインのみが溶け出す
①~④を繰り返す事で、97%のカフェインをカットを実現。

カフェインレス(デカフェ)ミディアムロースト
味覚はフローラル、フルーティーな風味、滑らかな質感、シトラス、ピーチ、アプリコットを思わせる味わいとキャラメルのような甘味。

2020/02/16 ”ホンジュラス ラス マリアス農園 パカス種”(中深煎り)新発売

新しく入荷しましたホンジュラス ラス マリアス農園 パカス種(中深煎り)で新発売致します。テスト焙煎では浅煎り、中煎り、中深煎りの3段階でチェックを行いました。どのローストも良いフレーバーがあって迷いましたが、中深煎りのラインナップが余りありませんので今回は中深煎りで発売致します。

農園主 : マリア アンパロ ロドリゲス氏

農園名 : ラス マリアス農園

エリア : サンタバルバラ

標高  : 1,500m

面積  : 1.4ヘクタール

品種  : パカス種

収穫期 : 1月から5月

味覚は中深煎りですが花のような香り、カシス、ビターチョコ、クリーミーな甘味とちょっぴり苦味とコクの素晴らしい味わいです。

2019/11/01 グアテマラ サンタアナ農園 深煎り

ご好評を頂いておりましたグアテマラ エル・リモナール農園 深煎りは完売になりました。ご利用頂きましてありがとうございます。

変わりましてグアテマラ サンタアナ農園が復活になりました! 深煎で販売させて頂きます。サンタアナ農園は2011年1月に訪問した農園です。グアテマラの8っつ生産地域の一つ、フライハーネス地域のサンタロサ地区にあり、COEにも選ばれたことがある素晴らしい農園です。品種はブルボン種です。

久しぶりのサンタアナ農園 深煎をお試し下さい。

2018/12/01 ブラジル カルモデミナス地区 セルトン農園 新発売

この度、Carmo  Coffee社代表のルイス氏が弊店にご来店頂きまして、カルモ地区の素晴らしいコーヒーをご紹介して頂きました。

今回、ブラジルカップオブエクセレンスでもお馴染みのセルトン農園のレッドブルボンが届きました。

味覚はバニラ、ミルクチョコレート、ヘーゼルナッツ、冷めてくるとフローラル、洋なし、滑らかな質感ととっても甘~い余韻があります。

是非、お試しください。

本商品は、イエローブルボンと異なり現存する樹が非常に少ないレッドブルボンであることに加え、”百年超という驚異の樹齢を持つ”極めて希少なコーヒーです。長年生産を続けているその樹からはごく僅かのチェリーしか採取出来ず、栽培面積12ヘクタールに対し年間生産量は約100袋(NO.2規格換算)と非常に少量です。

商品名: カルモデミナス地区 セルトン農園 樹齢百年 レッドブルボン

生産地: ブラジル ミナスジェライス州南東部 カルモ・デ・ミナス地区 セルトン農   園特定区画

標高 : 1,150m~1,450m

品種 : レッドブルボン種(現在ブラジルで主流のイエローブルボンはレッドブルボンの突然変異種)

栽培面積: 12ヘクタール

年間生産量: 100袋

製法 : パルプドナチュラル方式