2019/03/07 季節のコーヒー ”さくらブレンド”発売

少しずつ暖かくなってまいりましたね。桜の開花日も発表されましが、それに合わせて弊店も桜に因んだブレンド創作を行い、本日イメージ通りのブレンドが完成しました。

春のような爽やかさと桜のようなやさしさ、癒しをテーマにしたブレンドが出来上がりました。味覚は”春のように明るく爽やかな質感、オレンジ、フローラル、マンゴー、キャラメルのような風味と甘味の余韻”があります。

この機会に是非お試しください。

広告

2019/03/01 ”グアテマラ ロサリオ農園 ゲイシャ種” 新発売

栽培地: グアテマラ アルタベラパス地域(コバン地域) サンクリストバル地区

栽培地:農園内標高1650m付近

製法:水洗方式、

品種: ゲイシャ種

ホーストさんが苗床を始めた2年前、アカテナンゴの知り合いの生産者からこのゲイシャの種を譲り受けました。

このゲイシャを農園内に植えることにしたのは、

・農園に多様な品種を植え育てるため

・これまでのフロールデルロサリオには無い、より魅力のある味わいを農園に加えてみたいという思いからでした。

また、ホーストさんは知り合いのパナマの方から、ゲイシャの種を貰ったおり、そちらは来年初収穫を迎えるそうです。

味覚は青リンゴ、マスカットのように爽やかな甘味と香り、とてもクリーンでエレガントな質感、殻やかな飲み口

この貴重なグアテマラゲイシャ種を、是非、味わって頂ければと存じます

2019/03/01 3月のフェア「グアテマラ エル・リモナール農園 ブルボン種」

3月のフェアは”グアテマラ エル・リモナール農園 ブルボン種”をご案内します。

エル・リモナール農園主の息子であるロジェリオ・アギーレ・オバジェさんは、エル・インヘルト農園主であるアルツーロ・アギーレさんの甥で、エル・リモナール農園の管理者です。彼は元々エル・インヘルト農園だったこの土地を譲り受け、1986年に、母であるロサ・マリア・オバジェさんと共にエル・リモナール農園を創業しました。レモンの木が沢山あったことからエル・リモナールと名づけられました。

農園が位置するのはウエウエテナンゴ地区の中でも、最も恵まれた環境にあり、共に高品質コーヒーのトップクラスであるエル・インヘルト農園とラ・ボルサ農園の間に位置します。オバジェ親子は、近年の高品質コーヒー市場の変化と近隣の農園からの影響を受けることで、品質向上のモチベーションを支え、今日まで品質向上に真摯に取り組むことができました。創業以来、年々品質を向上させることで、品評会で入賞するほどになり、2013年のCOEでは7位にブルボン種、2014年には15位にムンドノーボ種が入るほどです。

このコーヒーを日本に紹介してくれたSUBE社は、エル・リモナール農園の将来性に大きな望みを感じ、ここ数年は、農園と共に品質向上に向けた取組を行っています。

貴重なコーヒーを是非、味わって頂ければ幸いです。

2019/01/18 カップオブエクセレンス受賞豆3種類発売

カップオブエクセレンス受賞豆 3種類新発売致します。

・COEグアテマラ エスペランサ農園 中煎り

味覚:キャラメル、ダークチョコ、アップル、シトラス、オレンジ等の風味、黒糖のような  甘さと滑らかな質感

・COEコスタリカ シンリミテス農園 中煎り

味覚:グレープ、カシス、ダークチェリー、チョコレート、アールグレイティを思わせる風味、フローラルでジューシー、複雑な味わいと持続する余韻

・COEコスタリカ シンリミテス農園 浅煎り

味覚: ライム、アプリコット、柑橘、パイナップルを思わせるジューシーな果実味、明るくはじけるようなみずみずしい酸、ブラウンシュガーのような甘味の余韻

・COEホンジュラス パライソ農園 中煎り

味覚:はちみつ、アプリコット、ダークチェリー、洋なし、チョコレート等を思わせる明るく柔らかな風味と甘味、シルキーな質感

※お得な3種類100gセットと200gセットもご用意しています。

詳しくはPDFご注文をクリックしてご覧ください。

2018/12/01 ブラジル カルモデミナス地区 セルトン農園 新発売

この度、Carmo  Coffee社代表のルイス氏が弊店にご来店頂きまして、カルモ地区の素晴らしいコーヒーをご紹介して頂きました。

今回、ブラジルカップオブエクセレンスでもお馴染みのセルトン農園のレッドブルボンが届きました。

味覚はバニラ、ミルクチョコレート、ヘーゼルナッツ、冷めてくるとフローラル、洋なし、滑らかな質感ととっても甘~い余韻があります。

是非、お試しください。

本商品は、イエローブルボンと異なり現存する樹が非常に少ないレッドブルボンであることに加え、”百年超という驚異の樹齢を持つ”極めて希少なコーヒーです。長年生産を続けているその樹からはごく僅かのチェリーしか採取出来ず、栽培面積12ヘクタールに対し年間生産量は約100袋(NO.2規格換算)と非常に少量です。

商品名: カルモデミナス地区 セルトン農園 樹齢百年 レッドブルボン

生産地: ブラジル ミナスジェライス州南東部 カルモ・デ・ミナス地区 セルトン農   園特定区画

標高 : 1,150m~1,450m

品種 : レッドブルボン種(現在ブラジルで主流のイエローブルボンはレッドブルボンの突然変異種)

栽培面積: 12ヘクタール

年間生産量: 100袋

製法 : パルプドナチュラル方式

2018/02/02 ”ケニア バラグィ農協 浅煎り”新発売

ケニア キリニャガ地域からの新豆、浅煎りで新発売致します。

キリニャガ地域はケニアのコーヒー産業の中でも重要な産地です。ケニア山麓南部、標高1600m~1800mに位置するキリニャガ地域は高品質コーヒー生産に最適な環境が整っています。バラグィ農業協同組合は1953年10月に設立され、組合員地域経済への関心、コーヒー処理方法やより良い市場へのコーヒー輸出を促進することが目的でした。

味覚はオレンジ、ライム、グレープフルーツ、アプリコット、ラズベリー、カシス、パイナップル、キャンディを思わせる風味と爽やかで明るい酸、ジューシーな甘味の素晴らしいコーヒーです。この機会に是非、ご賞味頂ければ幸いです。